旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

ドナルド・トランプが大統領になるとのマイケル・ムーアの予言が凄すぎる!

政治

ドナルド・トランプが大統領になるとのマイケル・ムーアの予言が凄すぎる!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

逆の予想をして謝罪したこちらの記事も興味深いです↓

マイケル・ムーアの予言がほぼ全て当たっていると津田大介氏

津田大介氏のツイート「マイケル・ムーアが書いた7月の記事。ほぼ全て予測が当たっているように見える」が話題となっています。

話題のマイケル・ムーアが書いたブログ記事とは?

ドナルド・トランプが大統領になる5つの理由を教えよう

悪い知らせを伝えるのは残念なことだが、昨年の夏、ドナルド・トランプが共和党の大統領候補になるだろうと君たちに言った時も、俺ははっきりと伝えていた。そして今や、君たちにとってさらにもっとおぞましい、気の滅入るような知らせがある。それは、ドナルド・トランプが、11月の大統領選で勝つということだ。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

第一の理由~中西部の票読み~

映画監督らしく面白い文章だが、長く要点が見えにくいので、要約する。

アメリカ中西部、ミシガン、オハイオ、ペンシルバニア、ウィスコンシンの4つの州は、ブルーステートと云われ本来民主党が優位。ただし2010年以降、各州では共和党候補が選ばれており、更にクリントン候補がTPPを支持したため、更に反感を買った。
一方のトランプ氏は、製造業中心のこのまちに優位な政策を上げ、彼らに魅力的な提案(Appleにも、iPhoneを中国で製造するのをやめて、ミシガンの工場で製造するように強要するといった)で、これらの州の人たちの心を掴んだ。
これら古いタイプの製造業を抱えた州をラストベルトという。
トランプ氏は、たしかに好かれてはいない。だけど、アウトサイダーのトランプ氏はアメリカン・ドリームを壊した奴ら(民主党)を懲らしめるためにやって来た火炎瓶だ。
そして、計算すれば、フロリダ、コロラド、バージニア州といったスイング・ステート(選挙のたびに揺れ動く州)は無視しても、このラストベルトを押さえれば11月にトップに躍り出るだろう。

第2の理由~怒れる白人、最後の抵抗

そして今や、俺たちに指図してきた黒人の男に8年間耐えなきゃいけなかったのに、今度は大変なことは傍観する、そして威張り散らす女のもとで、8年間を過ごすことになるのか? その後の8年間は、ゲイがホワイトハウスに入るのか! それからトランスジェンダーか! 君たちは、そんなことを目の当たりにする。その時までには、動物にも人権を認められているだろう。そしていまいましいハムスターが、この国を統治していることだろう。これは止めないといけないな!

出典 http://www.huffingtonpost.jp

オバマ政権、ヒラリー政権ときたら、白人男性の立場を危うくするのではないか、という危機感ですね。

第3の理由~ヒラリー問題。

ここだけの話だけど、正直に話していいか? そして俺たちが話す前に、これだけは言わせて欲しい。俺はヒラリー・クリントンが好きだった、それもかなりな。ヒラリーは、不当な濡れ衣を着せられてきたと思う。ヒラリーがイラク戦争に賛成したから、俺は二度とヒラリーに投票しないと決めた。今日まで、そのつもりでいた。ファシストもどきが最高司令官になるのを防ぐために、俺はその決心を改めようと思っている。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

マイケルムーア氏は左寄りの人物として有名で、この一文からもトランプ嫌いとヒラリークリントンに対する複雑な感情が見て取れる。

現実を見てみよう。ここでは、俺たちにとって最大の問題はトランプではなく、ヒラリーだ。ヒラリーはまったく人気がないし、有権者のほぼ70%が、ヒラリーを信用できないと言っているし、不誠実だと考えている。ヒラリーは旧来の政治を象徴している。実際には、君たちの選挙権以外何も信用していない。一時期だけ同性婚反対のために闘い、その後は、同性婚の司祭を務めている。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

そして、ヒラリーは若い女性に嫌われている。

第4の理由~4.意気消沈したサンダース支持者票。

バーニー・サンダースとドナルド・トランプ氏

出典 http://mybigappleny.com

ちまたのバーニー支持者が、当日ちょっと消極的だけどヒラリーに投票するために投票所に足を運ぶ。これが俺が言うところの「意気消沈した票」だ。つまり、そいつらは、投票所に有権者を5人連れて来ないんだ。それに、月に10時間選挙ボランティアをしない。どうしてヒラリーに投票するつもりなのかを、興奮した口調で話すこともない。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

第5の理由~ジェシー・ベンチュラ効果。

ナイアガラの滝の柵を越えたらどうなるんだろう?という感覚でトランプ氏に投票する

ジェシー・ベンチュラ

出典 http://upload.wikimedia.org

【要約と補足】

ジェシー・ベンチュラは、元プロレスラーで、元ミネソタ州知事。
1990年にミネソタ州の市長選に出馬して当選、98年にはミネソタ独立党候補として州知事選に出馬し、当選した。

彼らが、ジェシー・ベンチュラは優秀な指導者だから投票したわけではなく、ただ単にやってみただけだ。病んだ政治体制に対するブラック・ユーモアであり、辛辣な悪ふざけである。

この90年代にプロレスラー知事を誕生させたのと同様のことが、今回のドナルド・トランプ vs ヒラリー・クリントンの大統領選でも起こる。

HBOのトーク番組「リアル・タイム・ウィズ・ビル・マー」の共和党全国大会特集に出演した後、ホテルに戻ろうとしたら、ある男が俺を引き止めた。 「マイク、俺たちはトランプに投票しなきゃいけない。俺たちは大改造する必要がある」。そういうことか。それだけで、彼にとっては十分だった。「大改造する」ためなんだ。トランプ大統領誕生は、まさに大改造になるだろうし、投票した人々の大部分は、外野席に座って、そんなリアリティ・ショーを見たいと思っている。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

見事、ドナルド・トランプ氏が次期大統領に当選したわけだが、直前のデータを裏切っての大逆転劇。
確かに最後の最後で、第5の理由・・・この心理が米国民の多くを支配したのではなかろうか、と思えてならない。

1
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!